VSEOマーケターになれば確実に稼げるの?

VSEOマーケターになれば確実に稼げるの?

よく同僚から受ける質問として、

「VSEOについて学べば、自分でも稼げるの?」

と尋ねるものが多いです。

私の同僚も同じくパティシエとなるわけですが、給料は安いので副業について興味を持つのは当然の流れです(笑)

もちろん私に関しても、友人からVSEOマーケターの働き方について教えてもらった時は、同じ質問をしました。

というのも、副業として実践するからには、稼げないと意味がありません。

そして、本当に稼げるようであれば、自分でもやってみたい!

その辺りの事情について、実践した私の体験談も交えて紹介していきたいと思います。

VSEO公式HPへ

結論:稼げる可能性は上がる!

結論から話せば、確実に稼げるとは断言できません。

ただ間違いなく、稼げる可能性は上がるでしょう。

これがどういったものなのか、より納得いただくために、くじ引きをイメージしてみるといいのではないでしょうか。

毎回100分の1の確率で当たりが引けるくじ引きがあったとして、100回引いたところで確実に当たりが引けるとは限らないですよね。

裏を返せば、当たりを引くまで諦めなければ、いつかは当たるという公算です。

このくじ引きにおける当たりこそが、YouTubeにおけるバズる動画であり、VSEOマーケターの経験によっては当たりを引ける確率も異なります。

ちなみに私の場合は、今でこそ安定して数万再生される動画を安定的に投稿できていますが、始めた当初は10本に一度、一万再生越えればいい方でした。

さてVSEOによって「稼げる可能性は上がる」とお伝えしましたが、その上がり幅はどれくらいなのでしょうか?

VSEOスキルなしでは稼げない理由

VSEOについて特に意識せず、普通に投稿を行なった場合、稼ぐのは大変難しくなるでしょう。

その理由としては、今後ますます動画市場の競争が加速化していくからです。

例えばアメリカの調査会社によると、2016年には YouTubeに投稿された動画の数が、3ヵ月で18億本以上ということが明らかになりました。

毎分500時間分の動画がアップされているという報告もあるので、これだけ動画がアップロードされていれば、その多くは他の動画の中に埋もれてしまうことでしょう。

つまり、どんだけ労力を注いでも視聴されないことがほとんどです。

実際その特徴は現れており、「Bernstein Research」の調査によれば、再生回数の93%はYouTube上のたった1%の動画に集中しているのだとか。

ってことは、残りの99%の動画は、ほとんど視聴されていないということですよね。

これらを踏まえると、やはり普通に投稿しているだけでは、稼げるようになるとは思えないはずです。

動画市場は、個人でも大手に勝てる時代

では、VSEOを使うことによって、どのような変化が起こるのでしょうか。

詳細まで明かすことはできませんが、ヒントを1つ紹介したいと思います。

様々あるVSEOテクニックの1つを使うことによって、実は個人でも大手の動画コンテンツに勝てるようになるのです。

ここでは敢えて「勝てる」と表記しましたが、そもそもコンテンツの勝ち負けは、誰が判断しているかご存知でしょうか?

コンテンツは、「クローラー」と呼ばれる、Google独自のAIロボットが巡回することによって評価されており、優良と判断される、もしくは権威性を有する、これらによって検索順位が変動する仕組みなのです。

しかし今までは、サムネや動画の内容を読み取って評価することができませんでした。

ただ動画コンテンツを担当するクローラーの精度は、近年急速に上昇しており、より動画映えしたり、ユーザーのニーズを満たせる動画が優遇されるようになってきています。

さて、この「クローラー」の性質を理解することで、再生数が稼げるようになった事例を1つ紹介しましょう!

動画映えを意識した結果・・・!

例えば私の場合、パティシエとして働いてるので、お菓子作りの動画をアップしたことあるのですが、それは全く再生されていませんでした。

それもそのはず、当時に手がけた動画はどこにでもあるような陳腐なもので、クローラーに評価されるようなコンテンツではなかったからです。

一方で、芸能人や他の分野で影響力のあるインフルエンサーの人が、お遊び感覚で作ったお菓子作りの動画が上位に表示されていて、悔しい思いをしましたね(笑)

しかしそこからは、サムネと動画内容に「映え」を徹底的に付与し、多くの再生数を稼げるようになったのです。

お菓子作りで「映え」を出そうと思えば、本職のパティシエにしかできないことですからね。クローラーからも、「優良」なコンテンツと判断されやすいです。

これはあくまで一例ですが、皆さんにも必ず1つ、動画に出せる趣味や強みを持っているのではないでしょうか。

VSEOを学ぶことで、皆さんの貴重な経験は、再生数に反映させることができますよ!

VSEO公式HPへ TOPページを見る